ギャンブル関連の書籍や記事のリスト

ギャンブルは文学の中でも好んで取り上げられるテーマです。ギャンブルに関する物語を書いたことのあるほとんどの作家は、独自のスタイルを物語に反映させています。アクション、ロマンス、コメディ、ドラマ、サスペンスなどに、ギャンブルが融合され作品が生まれるのです。

ギャンブルに関する書籍や記事には、作者の優れた見解が記されているものが数多くあります。ここでは最も一般的な書籍を以下にまとめました。サイトによっては10冊、20冊を紹介する場合もあれば、100冊紹介している場合もあるかもしれません。ですが、時間を無駄にするのは、やめておきましょう。ギャンブルに興味のある方が最初に読んでおきたい必読本をご紹介いたします。

ギャンブルの世界の秘密を明らかにするために、次にご紹介する本をぜひ一度お読みください。プロの方にも初心者の方にもオススメです!

  • 『メンサによるカジノギャンブルガイド:勝利の法則(Mensa Guide to Casino Gambling: Winning Ways)』アンドリュー・ブリスマン(Andrew Brisman)によって書かれたこの本は、確率について分かりやすく解説してくれます。ギャンブル関連の本に興味がある人にとってはお馴染みの一冊です。
  • 『ポジティブリー・フィフス・ストリート(Positively Fifth Street)』ジェームス・マクマナスJames McManus)著。作中では、テッド・ビニオン殺人事件など、有名な事件についても触れられています。
  • 『10万ドルの胸を持つ男(The Man with the $100,000 Breasts)』はマイケル・コニック(Michael Konik)によるフィクション。一度は読みたいギャンブル関連書籍リストによくランクインしている一冊。10万ドルのプロップベットを行い、さらには豊胸手術までした男の物語です。
  • 『ア・マン・フォー・オール・マーケット(A Man for all Markets)』は、カードカウンティングを発明した伝説的数学者として知られる、エドワード・オークリー・ソープの自伝本の中では、ソープ自身の体験と教師からギャンブラーへの転身について語られています。今まで読んだギャンブル関連の本の中で、最も興味深くスリリングな話でした。
  • 『すべては白紙に(All Bets Are Off)』はアーニー・ウェクセラー(Arnie Wexler)による伝記です。ギャンブルに熱中した10代の頃の話がつづられています。ギャンブルが私たちをどのように導くかを描く、壮大ながら驚くべき物語です。
  • 『街で最大のゲーム(The Biggest Game in Town)』の作者はアル・アルバレス(AI Alvarez)。ギャンブラーの思考を教えてくれる定番の一冊です。
  • 『賭博者(The Gambler)』フョードル・ドストエフスキー著。賭博に興じる男の姿を描いた唯一無二の一冊。
  • エネミー・ナンバーワン(Enemy Number One)』イギリスで最も成功したギャンブラー、パトリック・ヴィーチ(Patrick Veitch)の実話。

ここでご紹介した本はいずれも、作者のギャンブルに関する個人的な知識と経験をもとに執筆されています。彼らの物語は他の人を導く光になり得るところが魅力です。ギャンブルに興味がおありでしたら、以上の本がオススメです。ギャンブルについて書かれた本は数多くあり、ギャンブルの様々な側面や影の部分も教えてくれています。こういった本の内容は、エキスパートからの良いアドバイスだと考えてはいかがでしょうか。

 

日本の漫画も私の好きなものの1つです。ギャンブルを描いた作品やシリーズものが数多くあります。私がお気に入りの漫画シリーズを3作品ご紹介します。

-『カイジ』は日本で非常に人気が高い作品です。『賭博黙示録カイジ』、『逆境無頼カイジ』としても知られるこのシリーズでは、ギャンブルが1つの芸術として描かれており、1996年から連載されています。作者は福本伸行です。

-『賭ケグルイ』は河本ほむら原作・尚村透作画漫画で、現実世界によく似た描写があるところが特にお気に入りです。

-『Liar Game(2005)』は甲斐谷忍による作品。人生に起こる予期せぬ出来事に対して、心を開いて準備することを私たちに教えてくれます。

-『哲也-雀聖と呼ばれた男』は、原案:さいふうめい、漫画:星野泰視による作品。主人公の哲也が入れ込む麻雀にスポットを当てた物語です。